訪問看護

よくある質問

例えば、こんな時にご相談ください

Q1訪問看護ってなに?
A1看護師・理学療法士が、住み慣れた家で安心して療養生活を送りたいと願うご利用者様のお宅に伺い、在宅療養に伴う相談をお受けします。
また、かかりつけ医の指示のもとに専門的なケアを提供します。
Q2どんな人が利用できるの?
A2赤ちゃんからご高齢の方までご利用いただけ、年齢制限はありません。
医師が必要と認めた方であれば疾病や障がいを問わず、ご利用いただけます。
詳しくはご相談ください。
Q3どういう時にはじめるの?
A3今まで出来ていた料理が出来なくなったとか、買い物に行けなくて困っているなど、生活が不便になったと感じたときから利用できます。
また、在宅療養中だが家族だけでは介護が大変になってきたとか、最近動けなくなり寝たきりになるのではと心配でリハビリを始めたい・・・など感じたら是非ご相談ください。
Q4訪問看護を利用するにはどうしたらいいの?
A4主治医、またはお近くの地域包括支援センターや山手等の居宅介護支援事業所へご相談ください。
→詳しくはこちら
Q5何をするの?
A5心身の状態に応じて次のようなケアを行います。
○病状の観察と健康管理指導
(血圧・体温・脈拍の測定、病状や障がいの観察と看護など)
○日常生活の援助
(食事・水分などの栄養の管理、排泄のケア、寝具・衣類の交換)
○医師の指示による医療処置
(カテーテルの管理、床ずれの処置・管理、傷の処置・管理、薬の管理、医療機器や器具等の操作援助・管理、点滴など)
○リハビリテーション
(日用生活動作の訓練、呼吸の訓練、筋力トレーニングなど)
○清潔の援助
(入浴介助、清拭、洗髪など)
○その他
(心の病気や物忘れなど老化に伴う症状へのケア、精神・心理状態のケア、日常生活自立の支援、終末期のケア、痛みや苦痛の緩和、在宅での看取りの看護など)
→詳しくはこちら
Q6訪問には誰が来るの?
A6必要なケアに応じて看護師や理学療法士が伺います。
Q7どのくらい費用がかかるの?
A7病名あるいは心身の状態によって、保険の種別(介護保険あるいは医療保険)が決まり、自己負担は1~3割となります。
また、公費が適用される場合もあります。
Q8週に何回利用できるの?
A8介護保険の場合、ケアマネージャーが計画した回数で訪問します。
個々によりますが、週1~3回の利用の方が多いです。
医療保険の場合、原則として週3回までですが、病名や病状によっては回数制限なく利用できる場合もあります。
Q9利用中に具合が悪くなったらどうしたらいいの?
A9病状の観察や緊急の処置など、かかりつけ医と連携して行います。
24時間対応のプランもございますので、詳しくはご相談ください。
Q10病院では点滴をしていますが、退院後に家でもできますか?
A10かかりつけ医の指示を受けて、自宅で点滴を行うことができます。
Q11最期まで家族と過ごすことはできますか?
A11ご本人・ご家族の希望に沿って、最期までできるだけ不安や苦痛なく過ごすことができるよう、主治医と連携をとりながら支援いたします。
Q12プライバシーは守られますか?
A12安心してご利用いただけるよう、ご本人やご家族の人権とプライバシーを尊重し、看護上で知り得た秘密を口外することはございません。

サービス提供地域

居住介護支援
さいたま市浦和区、緑区、南区
訪問介護
○埼玉県
さいたま市浦和区、緑区、南区
○東京都
足立区、江戸川区、葛飾区
介護タクシー
○埼玉県
さいたま市内
5km以上はお迎え料がかかります。
○東京都
足立区、江戸川区、葛飾区

動画紹介